とある私事ですが、事業を興すまでとこれからの出来事を忘れないように綴っていくブログです。
<< 第4回 SPGG杯 2013年7月7日 リザルト | main | お盆休みのお知らせ >>
報告 2013・7・7 第4回 SPGG杯
0
     報 告 書

    2013 第4回 SPGG杯


    トライアルパークヤマグチ


    開催日:201377(日)

    天候:晴れ

    最高気温:36℃

    出場台数:30台


    お世話になっております。

    4回 SPGG杯 IN トライアルパークヤマグチは無事に開催することが出来ました

    大会会場入り口

     

    大会本部&朝のミーティングの様子

     

    7月では異例の猛暑となり、この日最高気温36℃にまで上昇しました。

    暑い最中、30名の方にご参加いただけました!

    ありがとうございました。

     

    セクションの様子

     

    この会場は自然の岩や斜面を利用して人口ブロック、タイヤ、土管、丸太等で構成されております。また土質は粘土質で雨が降るとコンデョンは急激に難易度が増しほとんどタイヤのグリップはしません。

     

    スベリゆく快感は他ではない、ここでしか味わえないものがあります。

     

    前日の悪天候で局地的な大雨により、当日の朝はまさに!ここでしか味わえないコンディションに見舞われました。

    この日は天候に恵まれ、午後からは大地はみるみる乾き、走りやすさも随分と変わっていきました。

    ここのコンディションの変化を1日で感じることが出来た日だったと思います。

     

     

    選手のみなさんの様子

    SPGG杯の特徴は各クラス(フリー・初級・中級・上級・M)が同じセクションを走るのですがセクション内に置かれた各クラスごとのゲートマーカーを通過して難易度を変えています。

    ここまでは各大会と同じスタイルだと思いますが、成績が一括にまとめられ各クラスごとの順位にはならないのが特徴です。

    つまりは、どのクラスのどの選手が優勝するかはわからないものになっております。

     

    大会のコンセプトとしては『初めて大会に出場される方でもベテランライダーと戦える大会』を目指しています。

    優しいクラスほど難易度が易しめな設定ですので、上級クラスになればなるほどコースの難易度が増し、勝つことはかなりの至難となります。

     

    TIME TRIALセクションの様子

     

    また、変わりダネのセクションを1つ設けています!タイムトライアルセクションは速さを競うルールです。

    各クラスのベストタイムスコア賞も授与しています!

    1分以内 減点0点

    1分 1秒 〜1分 秒 減点1点

    1分 秒〜1分10秒 減点2点

    1分11秒〜1分15秒 減点3点

    1分16秒 〜       減点5点

    ここでのセクション内の足つきは減点対象にはなりません!

    何回足をついても落車してもOKです!

    時間だけが減点の対象になります。

    テープカット・ショートカット・マーカー接触は失格の減点5点です。

     

     

    〜表 彰 式〜

    総合クラスの表彰

     

    優勝 初級クラス   中村 哲也選手

    2位 フリークラス  津田みゆき選手

    3位 初級クラス   津田 和是選手

    4位 初級クラス   近藤 利春選手

    5位 初級クラス   日野 信美選手

    6位 中級クラス   川瀬 朋文選手

     

     

    各クラス優勝者の表彰

    フリークラス 津田みゆき選手

    初級クラス  中村 哲也選手

    中級クラス  川瀬 朋文選手

    上級クラス  氏川 湧雅選手

    M級クラス  岩田  悟選手

     



    TIME TRIAL 各クラス優勝者の表彰

    スピードだけが減点対象のセクションのTIME TRIAL!!

    フリークラス 細川 進さん  4322

    初級クラス  中村 哲也さん 3266

    中級クラス  森嶋 保洋さん 3731

    上級クラス  久岡 孝二さん 4991

    M級クラス  岩田 悟さん  4748



    大ヒルクライム大会の様子

    (くだらないトライアル 〜頂上決戦〜)

     

    上級者が勝つことは難しいSPGG杯ですが、上級クラスの腕が鳴るようなヒルクライムをみなさんに見て楽しんで頂けるよう、過激に長いヒルクライムを大会の最後に盛り込んでみました!

     

    国際A級 岩田 悟選手が見事!!ただ1人だけ頂上まで登りきることに成功しました!


    ヒルクライム勝者


    Mクラス 岩田 悟選手

     

     


    お 礼


    ご協賛いただきました各社様の賞品を表彰授与、じゃんけん大会にてプレゼントさせていただきました。

    また、順不同ではありますが・・・


    l  IRC 井上ゴム工業株式会社様


    l  MITANI motor sports 鈴鹿店様


    l  WISE MOTO SPORTS


    l  Betamotor Japan


    l  グリーントライアル様


    l  川瀬 朋文様


    l  神谷 英昇様


    l  村上 慈恩様


    l  細川 進様


    l  鈴木 伸二様


    l  浅野 克彦様


    l  後藤 幹也様




    会場のオーナーである山口様、主催を共に頂いた・・・   

     

    スタッフ・お手伝いの皆さま


    l  川瀬 朋文さん(SPGG会長、駐車場係)


    l  細川 進さん(セクションコーディネーター)


    l  村上 慈恩さん(セクション製作、本部長)


    l  加賀 国光さん(セクション製作)


    l  山口 雄治さん(タイムキーパー、進行)


    l  中山 明さん(大会準備)


    l  早川 兄二さん(大会準備)


    l  増田 浩之さん(大会準備)


    l  津田 知是さん(大会準備)


    l  津田 みゆきさん(大会準備)


    l  神谷 英昇さん(大会準備)


    l  井崎 真一さん(大会参加賞準備)


    l  平岡 美穂子さん(集計)


    l  津田 けんしくん(集計)


    l  寺澤 智江さん(集計)

     

     

    会場の設置、大会の準備・運営のお手伝い本当にありがとうございました!

    またお休みの日にも関わらず、大会の準備にお手伝いいただいた皆様のおかげで開催することができました。

    本当にありがとうございました。

     

    どうかこれからも末永くSPGG杯をよろしくお願いいたします。

     

     

    報告者:TR Product  代表 寺澤慎也  寺澤 智江

    写真提供:細川 進さん

    Posted by : てらぴぃ | SPGG杯 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://tera-p.trial-ex.com/trackback/111
    TOP