とある私事ですが、事業を興すまでとこれからの出来事を忘れないように綴っていくブログです。
トライアル IAS 加賀 国光選手
0
     
    トライアルパークヤマグチさんにお邪魔してました。

    IASの加賀国光選手と久々に乗りました。
    全身筋肉痛です・・・(-_-;)アクルヒナラマダワカイ?

    彼とは昔、同じ時期にライダーとして全日本で走っており、また当時は同じ岐阜県民でした。
    (今、私は愛知に住んでいます)
    彼のお父さんには現役時代から随分お世話になり、国光選手とは良き練習相手としてお世話になりました。

    一時期は、休戦しておりましたが現役復帰し活躍されています。
    今は応援する側の立場として出来る限り支えられるよう僕は頑張りたいと思います。

    加賀国光選手の応援よろしくお願いいたします。




    Posted by : てらぴぃ | トライアル | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    domino スロットルパイプ ハイスロ⇒ロースロ加工
    0

      domino スロットルパイプ ハイスロ⇒ロースロ加工

      dominoのハイスロパイプをロースロ加工してあります。
      Ø32,3⇒Ø25,0
      左がハイスロ⇒ロースロ加工したもの    右が加工前

      domino 純正パーツでもØ25,0(黒色)のスロットルパイプはありますが、パイプエンド部分が筒状になっているため、グリップエンド等はハンドルに取り付ける方法になります。

      Ø32,3(白色)のスロットルパイプはエンド部は蓋がされているため、グリップエンドがスロットルパイプに取り付けられます。

      メリット&デメリット
      ・Ø25,0(黒色)のロースロットルパイプ
      筒状のためハンドルにグリップエンドを取り付けるタイプになります。
      メリットとしてはアクセルが地面に突き刺さった場合、アクセルがニュートラルに戻りやすくなります。(全開になりにくい)
      デメリットとしてはパイプとハンドルの間に砂やほこりが入りやすく、動きが悪くなる。

      ・Ø32,3(白色)のハイスロットルパイプ
      エンド部は蓋がされているため、グリップエンドがスロットルパイプに取り付くタイプになります。
      メリットとしては砂やほこりが入りにくいのでアクセルの動きが安定している。
      デメリットとしてはアクセルが地面に突き刺さった場合、アクセルが戻らない。(全開になってエンジンが回ってしまうことがある)

      それぞれに善し悪しはありますが、Ø32,3(白色)のスロットルパイプが使われることが多いです。
      2STでは新車のほとんどハイスロが使われております。

      アクセルが転倒しても砂やほこりが入りにくいので安定していますし、近年マグネットキルスイッチにより転倒時に早くにエンジンをストップさせることがしやすくなりましたので、エンジン全開でひとりでに回ってしまうアクシデントは減っているように思います。

      RTL250・260F/COTA 4RTだけは、新車時には・Ø25,0(黒色)のスロットルパイプが採用され、アクセル回度はハイスロとほぼ同じなため、Ø32,3(白色)のハイスロットルパイプをそのまま使うとアクセル回度が狭くなり、グリップをさせたいシビアなアクセルコントロールがとても雑になってしまいがちになります。

      大排気量にボアアップされたエンジンでは特にアクセルのコントロールはシビアになってきます。

      前書きが長くなりましたが、ここで『domino スロットルパイプ ハイスロ⇒ロースロ加工』したものであれば、Ø32,3(白色)のハイスロットルパイプのメリットをそのままに、アクセル回度は従来のØ25,0(黒色)のロースロットルパイプと同じですので、グリップエンドをスロットルパイプに付けたい、アクセル回度を広くしたい(RTL250・260F/COTA 4RTは純正と同じになります)方にはお勧めですね。
       

      TR product

      代表 寺澤慎也

      485-0802 愛知県小牧市大草5394-2

      TEL/FAX:0568-78-2112

      mobile:090-3423-9930

       

      E-mailtrproduct2011@gmail.com / tera_p2006@yahoo.co.jp

      mobile mailtera_p2006@c.vodafone.ne.jp 


      Posted by : てらぴぃ | トライアル | 20:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      RTL250・260F/MONTESA COTA 4RT クラッチハウジングセンターギアズレ防止加工
      0
        2005年に4STになってから、現行モデルまでのクラッチについて
        ・クラッチ板を新品に変えても切れが悪い。
        ・クラッチの切れ繋がり位置が不安定。
        ・ミッションオイルからアルミ粉が混じってきた。
        ・クラッチを全握りしたときにクラッチ辺りから音がする。
        等の症状が出た時はクラッチハウジングの不具合の可能性があります。

        この症状は意外と知られていません。

        実はクラッチハウジングのセンターギアとバスケット部分は圧入されていますが、この圧入がズレてしまい、上記のような不具合を発生させています。

        徐々に変化していくので気付きにくいというのが現状のようです。

        そういった不具合が発生しないように加工を施すことで安定したクラッチフィーリングに戻ります。

        一概にこれだけが原因というわけではありませんが、クラッチでお困りの方は1つの原因として知って頂けると良いかもしれませんね。



        TRproduct
        代表 寺澤慎也

        〒485-0802 愛知県小牧市大草5394-2
        TEL/FAX:0568-78-2112
        mobile:090-3423-9930
        E-mail:trproduct2011@gmail.com 
        mobile mail:tera_p2006@c.vodafone.ne.jp 
        Posted by : てらぴぃ | トライアル | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        カーボンフロントフェンダー
        0
           カーボンフロントフェンダー

          またひとつ私たちは、軽量化の夢を現実にする

          販売価格:¥10,500(税込)

          適応車種:1996〜2010年モデル RTL250R/COTA315R  RTL260F/RTL250F/COTA4RT
          *フェンダーのみの場合、穴あけ加工、リベットorボルト止めが必要になります。

          RTL/COTAの純正スタビライザーを使用することで、GASGAS TXT PRO,BETA EVO2T等の車種にも取り付け可能です。
          *スタビライザー付 別途:+¥5,800−



          軽量で汎用性があります。

          柔軟な樹脂を採用することと、裏側にはトライアル走行の衝撃に耐えうる素材を施し、カーボン特徴のでもある『軽量』+『柔軟な強度』を兼ね備えた待望の1品です!!



          某国際ライダー数名が実戦にてテストを重ねての仕上がりとなっております。
          某職人さんが嬉しいこと全力で仕上げてくれました!



          お問合せ

          TR product

          代表 寺澤慎也

          485-0802 愛知県小牧市大草5394-2

          TEL/FAX:0568-78-2112

          E-mailtrproduct2011@gmail.com / tera_p2006@yahoo.co.jp


          Posted by : てらぴぃ | トライアル | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          サイレンサーバッフル
          0
            こんにちは!嫁です(^-^)/

            先日作成していたものは、排気音を小さくする
            『サイレンサーバッフル』


            排気口はこんな感じ


            排気ガスでナンバープレートが真っ黒になってしまうと言う事なので、排気ガスが外に出る様にしてあります。


            中のバッフルはこんな感じ


            (排気口の形は違う物です)

            に仕上がりましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
            Posted by : てらぴぃ | トライアル | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            いろいろないろいろ
            0



              こんにちわ〜

              てらぴぃです。


              涼しくなって快適な季節になってきましたね〜
              秋晴れも清々しく、行楽には最高の季節ではないでしょうか?

              私の頭の中は『bikeの季節』


              最近、乗りに行けてないから行きたいぞー!



              さて、最近いろんな繋がりからお仕事を頂くことが少しずつ増えてきました。
              ホントにありがたいことです。





              こちらは、05〜 RTL250F/COTA 4RTのクラッチハウジングです。

              クラッチの切れが悪くなる症状で、クラッチ版の使用頻度などで出たりもしますが、他にもハウジングにも原因があることがあります。

              『クラッチ板を新品に交換しても切れが悪い・・・』

              他にもいくつか原因がある場合がありますが、ここも点検してみてください。





              これは裏側になりますが、センターギア(小さいほうのギア)がズレることによって切れが悪くなることがあります。



              これは表側から見たところですが、この圧入してある部分がズレて、ハウジング部分が外側へ出てきます。
              そうすると、クラッチスライダー(写真にはありませんがここの上にクラッチプレートを受けるためのパーツ)と干渉して、ゴリゴリと擦れ合ってしまいクラッチが切れなくなります。

              アルミどうし擦るわけですから、アルミ粉もミッション室を駆け巡るので非常によくない状態ですね・・・


              ギアのズレを防ぐためにピンを打ち込んで、絶対にズレないよう固定する加工をします。
              これは新品のうちにやっておいたほうが良いでしょう。

              長く愛車を労わってあげるためにもオススメしておきたいです(-_-;ウーン








              こちら、チャンバーのO/Hなのですが、もっとも良い性能を保持できるよう定期的なグラスウール、スチールウール交換が必要になってきます。

              2ストロークは特に排気系で大きく性能の変化が出やすく、巻き方やウールの種類、割合量等で変化してしまいます。


              今は現役ライダーTさんのご協力をい頂き、何度もテストを頂いてようやくもっとも良いとされるデータを採取できるところまできました。










              それから、アンダーガードの製作も始めました。
              こちらはまだサンプルですが、他の車種に合わせた製作も検討しております。






              さて、こちらは今週末(10/8)のすいとぴあ江南で行う、トライアルデモンストレーションで急遽、こんなアトラクションを作ってほしいと依頼されまして製作したものなのですが・・・


              依頼者さんの意向で、まだお見せできません( ´,_ゝ`)プッ


              まさかこんなモノまで製作の依頼がくるなんて・・・
              作っててとても楽しかったです♪


              ちょっとしたデキゴコロとアソビゴコロです。
              ぜひ!会場に来て体験してみてくださ〜い☆






              これを製作にするにあたって、自分のバイク壊しました・・・(´_`。)グスン

              どう壊したか説明が難しいです。。。(-_-;)


              でも、どうしても知りたい方は会場にいらしてくださ〜い♪( ̄∀ ̄*)イヒッ



              てらぴぃさんより

              Posted by : てらぴぃ | トライアル | 15:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              ですよ・・・の最近は〜
              0




                こんばんわ。

                てらぴぃです。


                昨日、お世話になっている有限会社KRM様とご紹介を頂きお世話になっております、山田工業所様、そしていろいろお話をお伺いしておりました、初めてお越しいただきお会いしました近藤看板様が 、私の工場に遠渡遥々お越しいただきました!


                まだ始めたばかりのヨチヨチ歩きの私に、いろいろ多大なお力添えを頂いております。

                本当に今でも信じられません・・・


                だって、私には会社としての実績はありませんし、まだほんの一歩を踏み出したばかりなんですから。。。


                でもこの力を倍にも3倍にも・・・それ以上にもしていきたいと思っています。


                小さな1歩ずつだけど、今自分にできることで業界が潤ってくれるような、そして商品を使ってもらえる方に買ってよかったっと喜んでもらえるようなモノ作りを目指しています。


                たくさんのご協力を頂いた力をチャンスに変えていきたいです。


                前回にもご紹介させていただきました、オンリーワンなモノ作りをしてくださいました有限会社KRM様は、MCやNCフライス精密木型やモノ作りに欠かせない治具・検具ナドナド・・・

                そして、私からもいろいろと部品などの図面もCADで書いて下さってます。

                なんでもできそうで、バイクなんかも作れちゃいそうなくらいすごい会社です!



                そして、ガードの製作とガードを製作するのに欠かせない治具を山田工業所様に作っていただき、訪問の際納品頂きました。
                先日、KRM様と一緒に会社にお邪魔させていただいたのですが。どでかーーーーいマシニングがあり、これまたなんでもできそうな工場でした!

                しかもすごくきれいな工場で、本当に工業製品作ってるの?っていうくらい。
                食品工場みたいに衛生管理されてるんじゃないか?ってくらいwww


                そして近藤看板さんはお会いしたのは初めてなんですが、看板屋さんなので自動車やお店の看板などの製作をしているのですが、お話によると看板以外にもいろいろ製作されているようで・・・

                またそのうちにお邪魔させていただきたいな〜と思っております。^人^





                今回製作していただいた、ガードを製作するための治具、プレスに装着できました!

                ばっちりうまいこといった〜♪






                ガードもきれいに曲がり、これでガードの製作も間安定した量産ができます。

                やったねー!







                先日のお話ですが、最近の傾向でバイクのステップのワイド化が図られて、ほとんどのステップは、ひと昔に比べると1.5倍ほど広くなっています。

                ですが・・・


                足の大きい人には問題はないと思われますが、中には足の大きくない方や、足首の可動範囲がとれない方には、ステップの幅が大きいことで体の前後の動きの妨げに感じるかもしれません。


                現に私もワイド化になったステップのとき、違和感を感じました。
                今は慣れてしまったのでワイドでも気にならなくなりましたが・・・



                でも、ライディングに支障を来しているライダーもいます。
                その方からNarrow step 加工(幅の狭いステップ)の製作依頼を頂き、製作いたしました。(下側)


                製作したときに自分のマシンに取り付け確認をしてまたがってみましたが、確かに動きやすいです。
                好みはあるかもしれませんが、自分の足やライディングに合わせることで、さらにバイクライフを楽しめるかもしれませんね。







                そして、サイレンサーが内側に変形してしまったんでしょう。。。
                タイヤに擦れて穴が開いておりました。

                見た目は悪くなってしまいますが、内側なので表向きにはわかりませんし、何よりも穴からの排気漏れはよくありません。

                サイレンサーはただの音消しに思われるかもしれませんが、トライアルを含むオフロードでは大きくエンジンフィーリングに影響します。(オンロードについてはわかりません)


                また自然環境の中で走るので雨水や洗車などで水が入ればたちまち消音効果は衰えます。


                そして、エキパイ(エンジンからサイレンサーorチャンバーに繋がる排気パイプ)の凹みも修理いたしました。

                こちらも凹めば排気の流量・流速が変化するため、エンジンフィーリングは変わってしまいます。


                『神がかり的な凹みで性能が良くなった!』

                と、おっしゃる方も過去にみえましたが、でも一概に間違いとも言い切れないこともあったりはしますけど・・・^^;


                排気の脈動とがうまくあったのかもしれませんが、それはごく稀なので・・・ということで、元の形に修正を行ったほうが良いと思います。(凹みの写真を撮り忘れたので違いがひかくできませんね・・・^^;)
                注:車種によってエキパイ修理が元通りが困難な場合もあります。



                最近、お仕事の報告してなかったことに気が付き少し記事にいたしました^^;




                さて、今日の嫁から送られてきた写真・・・











                鼻くそ・・・

                なんてぶちゃいくなんだ。。。

                誰のご子息やねん?(T_T )






                てらぴぃさんより

                Posted by : てらぴぃ | トライアル | 03:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                TOP